ここから本文です

折り紙がテーマの短編ドラマ、ドランク塚地がトナカイ隠されたサンタ役

12/8(金) 17:14配信

お笑いナタリー

明日12月9日(土)、折り紙をテーマにしたショートドラマ番組「オリガミの魔女と博士の四角い時間」(NHK Eテレ)の第8話にドランクドラゴン塚地が出演する。

【写真】サンタクロースに扮したドランクドラゴン塚地。(c)NHK(他6枚)

第8話では、塚地がサンタクロース役を演じることに。サンタクロースの人気に嫉妬した“オリガミの魔女”が彼のトナカイを隠してしまったことをきっかけにストーリーが展開していく。

悲しみにうちひしがれるサンタの話を聞いていた折鶴博士(滝藤賢一)には、魔女から「紅茶のティーバッグの紙でトナカイを折ったらトナカイを返してあげる」というメッセージが。トナカイは無事に戻ってくるのか、塚地の演技に注目しながらドラマを楽しもう。

オリガミの魔女と博士の四角い時間 第8話
NHK Eテレ(近畿・東海ブロックを除く) 2017年12月9日(土)16:45~17:00
12月16日(土)24:30~24:45に再放送。近畿・東海ブロックはここで初放送。
<出演者>
滝藤賢一 / ドランクドラゴン塚地 / 小山春朋
語り:尾上菊之助 / 蛭子能収

※記事初出時より放送地域に変更がありました。

最終更新:12/8(金) 17:44
お笑いナタリー