ここから本文です

ニコン、MF一眼レフ&レンズのメンテナンスを期間限定で受付

12/8(金) 13:54配信

Impress Watch

株式会社ニコンイメージングジャパンは、一部の旧製品のカメラ・レンズを対象とした有償メンテナンスサービスを期間限定で開始した。12月1日に開始し、2018年3月31日まで受け付ける。

交換部品の払底により修理受付を断っていた一部の旧製品について、部品交換が不要なメンテナンス作業に限って有償で受け付ける。対象製品は、同社指定のニコンF、F2、F3、FM、ニコマートをはじめとするMF一眼レフと、Nikkor-S Auto 50mm F1.4など15mm~200mmまでのMF交換レンズ。

同社では、点検・清掃と機能チェックに加え、できる限り製品の機能を回復させるサービスとしている。外観およびモルトプレーンの確認と交換、レンズのヘリコイド油交換は全数実施するという。

預かり期間の目安は、横浜のニコン修理センターに到着してから2~3週間。料金は製品により異なり、窓口で確認できる。各種精度の点検・調整結果はチェックシートに記載の上、撮影時の参考情報としてユーザーに知らせるという。

ニコンのサポート終了後もこれらのMFカメラやレンズのメンテナンスを受け付けている修理店は存在するが、ニコンが自社のサービスセンター窓口でこれらのメンテナンスを受け付けるという点に注目したい。

■点検・清掃項目(公式Webサイトより引用)□MF一眼レフカメラ(10項目)

・巻き上げ機構点検
・巻き戻し機構点検
・シャッタースピード点検
・露出精度点検
・無限合致点検
・ボディバック点検
・ミラー作動点検
・スピードライト発光・同調点検
・外観モルトプレーン確認・交換
・外観清掃

□MFレンズ(7項目)

・無限合致点検
・距離環作動点検
・ズーム環作動点検
・絞り環作動点検
・絞り羽根作動点検
・レンズ内、ゴミ・カビ点検
・外観清掃

上記のいずれも、点検製品に該当機能がない場合は対象外となる。

デジカメ Watch,本誌:鈴木誠

最終更新:12/8(金) 13:54
Impress Watch