ここから本文です

NVIDIA、Voltaアーキテクチャ/12GB HBM2採用のビデオカード「TITAN V」

12/8(金) 16:23配信

Impress Watch

 NVIDIAは7日(米国時間)、「NIPS 2017」にて新ビデオカード「TITAN V」を発表、発売を開始した。直販価格は2,999ドル。

 TITAN Vは、深層学習などのAI処理のほか、高性能コンピューティングを必要とする研究者向けのビデオカード。

 コアはNVIDIA向けにカスタマイズされた、TSMCの12nm FFNプロセスで製造されており、メモリには12GBのHBM2を採用する。コア数が同数のため、Tesla V100と同様「GV100」コアを採用しているとみられ、コンシューマ製品としては初のHBM2搭載ビデオカードとなる。

 ストリーミングマルチプロセッサは大幅な再設計が施され、Pascal GPUよりもエネルギー効率が2倍になり、同消費電力での性能の大幅な向上を謳う。

 Tensorコアは深層学習向けに最適化され、最大9倍のTFLOPS性能を発揮。独立した並列整数および浮動小数点データパスにより、演算とアドレス計算が混在したワークロードで高効率を実現するとしている。

 またL1データキャッシュと共有メモリユニットを組み合わせることで、性能の大幅向上と、プログラミングが容易になっているという。

 おもな仕様は以下の通り。

PC Watch,佐藤 岳大

最終更新:12/8(金) 16:52
Impress Watch