ここから本文です

UHD BD対応のパイオニア製ポータブルドライブに新モデル、PCレスでスマホに音楽取り込み

12/8(金) 17:05配信

Impress Watch

(12/8 21:00更新)BDR-XD07を追加

初出日時 12/8 17:05

【この記事に関する別の画像を見る】

 Ultra HD Blu-ray(以下UHD BD)の再生に対応したポータブルドライブの新モデルがパイオニアから登場、「BDR-XD07J-UHD」が発売された。店頭価格は税込み15,980円。

 販売ショップはパソコンショップ アーク、ツクモパソコン本店II、ツクモeX.パソコン館。

■Android端末で直接音楽CDを取り込めるポータブルUHD BDドライブ

 BDR-XD07J-UHDは、4K解像度のUHD BD再生に対応したUSB 3.0接続のポータブルドライブ。

 3月に発売された「BDR-XD06J-UHD」と比べると、新たに用意されたAndroidアプリを利用することで、Android端末にPCレスで音楽CDを取り込むことができるようになったほか、同社のワイヤレスドック「APS-WF01J-2」と組み合わせることで、iOS端末からアクセスすることも可能になっている。

 そのほか、長期保存が可能なM-Discのサポートや、付属の変換ケーブルによるUSB Type-Cへの対応もうたわれている。

 本体サイズ(W×H×D)は133×14.8×133mmで、質量は230g。従来のBD、DVD、CDの読み書きにも対応しており、オーディオCDの読み取り精度を高める「PureRead3+(原音再生)」、傷や汚れのあるBD、DVDディスクをスムーズに再生する「PowerRead」などの機能を搭載している。

 バンドルソフトは、UHD BD/BD/DVD再生「PowerDVD 14」、映像編集「PowerDirector 14 LE」、写真データ編集「Photo Director 5 LE」、ライティング「Power2Go 8」など。なお、UHD BDを再生するには、PC側にも制限が設けられている。自分のPCが対応しているかどうかは、パイオニアが配布している「UHDBDアドバイザーツール」を使うことで確認することができる。

■ポータブルBDドライブの新モデルも2モデル登場

 USB Type-C変換ケーブルが付属するポータブルBDドライブ「BDR-XD07」も発売された。UHD BD再生機能が無い以外は前述の「BDR-XD07J-UHD」とほぼ同様の機能を搭載している。本体カラーはブラック(BK)・レッド(R)・ホワイト(W)の3色が用意されており、店頭価格はいずれも税込み13,608円。

 販売ショップはツクモeX.パソコン館、ツクモパソコン本店II。

 また、同梱のアプリケーションやType-C変換ケーブルなどを省いてコストを抑えた「BDR-XD07LE」も発売されている。カラーはブラックのみで、パッケージは白箱となる。店頭価格は税込み10,980円。

 販売ショップはパソコンショップ アーク。

 本体サイズ(W×H×D)は各モデルともに共通で、133×14.8×133mm。質量は230g。

[撮影協力:パソコンショップ アークとツクモパソコン本店II]

AKIBA PC Hotline!,AKIBA PC Hotline!編集部

最終更新:12/8(金) 21:07
Impress Watch