ここから本文です

県産ナシ輸出継続 ベトナム商業施設と調整 ジェトロ

12/8(金) 9:46配信

福島民報

【ベトナム・ホーチミンで横山雄介本社報道部記者】日本貿易振興機構(ジェトロ)ホーチミン事務所は、今年初めてベトナムに出荷された県産のナシについて来年以降も継続して輸出できるよう現地の大型商業施設などと調整に入った。
 7日にベトナム・ホーチミンで行われたJA福島中央会の海外農業視察研修団への説明で、ホーチミン事務所の大久保文博さん(34)=福島県郡山市出身=が明らかにした。
 大久保さんによると、福島県産ナシが今年販売されたホーチミンの大型商業施設の関係者は、現地で積極的にナシの試食販売を行った本県の対応を高く評価しており、福島との関係継続を望んでいるという。
 さらに現在はベトナムに輸出されていないリンゴについて大久保さんは「出荷を検討する余地がある」と述べ、県内生産者がベトナムへの輸出を考えるべきという見方を示した。手続きなどを進めた上で来年10月をめどにした県産リンゴの輸出を提案した。

福島民報社

最終更新:12/8(金) 12:20
福島民報