ここから本文です

豪快スイング児童歓声 今江選手(楽天)、いわき・永崎小訪問

12/8(金) 11:12配信

福島民報

 プロ野球東北楽天ゴールデンイーグルスの今江年晶選手は7日、福島県いわき市の永崎小を訪れ、「ティーボール」の指導を通して児童と交流した。
 今江選手は東日本大震災が起きた2011(平成23)年から毎年、被災地支援として同市を訪れている。永崎小への訪問は初めて。
 ティーボールは体育の授業の一環で実施し、6年生約30人が参加した。4班に分かれて試合を行い、今江選手がバットの握り方やスイングの仕方を指導した。自らお手本を示し、豪快な振りで大飛球を放つと、児童は「すごい」と歓声を上げて目を輝かせていた。
 今江選手は同日、市内のいわきグリーンスタジアム屋内練習場で野球教室も開き、中学生野球部員にアドバイスを送った。

福島民報社

最終更新:12/8(金) 11:55
福島民報