ここから本文です

【NFL】ブラウンズが元チーフスGMのジョン・ドーシーを新GMに就任

2017/12/8(金) 14:00配信

NFL公式サイト日本語版

クリーブランド・ブラウンズが新たなジェネラルマネジャー(GM)を指名するまでに長い時間を要することはなかった。先日サシ・ブラウンをわずか2シーズンでGM職から解いたばかりのブラウンズが、新GMにジョン・ドーシーを指名したことを現地7日(木)の晩に発表している。カンザスシティ・チーフスが今年6月に突然ドーシーを解任した動きは業界を驚かせたが、それまでの4年間をGMとして務めあげたドーシーは選手評価の手腕を買われていた。

【画像】クリーブランド・ブラウンズ

ブラウンズがGMを解任した直後からドーシーの名前はその候補として挙げられていた。『NFL Network(NFLネットワーク)』のイアン・ラポポートはブラウンズが専門家を雇用し、ドーシーを筆頭候補として新GMを密かに探しているようだとも報道していた。どうやら、専門家たちは先月の時点から現在57歳のドーシーに目を付けていたようだ。

ドーシーGMとアンディ・リードヘッドコーチ(HC)の下、チーフスは43勝21敗という戦績を残している。ドラフトではトラビス・ケルシー、ディー・フォード、マーカス・ピータース、タイリーク・ヒル、カリーム・ハント、パトリック・マホームズなどの獲得を指示したドーシーだが、全体1位で指名したエリック・フィッシャーの活躍ぶりは微妙なところで、その他にはケビン・ホーガンを5巡目で指名したことでも業界関係者を驚かせた。

選手評価やチーム構築の際に伝統的なアプローチを採るドーシーが就任したとあっては、統計を重視するブラウンズのフロントもこれまでの思考を改めざるを得ないだろう。

2016年同様に、ブラウンズがこの調子でいけばドーシーはチーム再建のための武器を大量に手にすることとなる。2018年のドラフトにおいてブラウンズが保持する指名権とサラリーキャップの余裕は、ドーシーによるチーム改革をより迅速にするはずだ。来季のドラフトでブラウンズが保持する1巡目と2巡目の指名権はヒューストン・テキサンズ、フィラデルフィア・イーグルスとのトレードによって5つにまで増加した。

1/2ページ

最終更新:2017/12/8(金) 14:00
NFL公式サイト日本語版