ここから本文です

「仕事辞めたくて火を付けた」社員寮に放火しようとした疑いで66歳逮捕

12/8(金) 10:06配信

千葉日報オンライン

 千葉県警市川署は7日、現住建造物等放火未遂の疑いで、市川市、土木作業員の男(66)を逮捕した。

 逮捕容疑は6日午後8時ごろ、同所の土木会社社員寮で自分の部屋に放火しようとした疑い。布団などが一部燃えたが、火災感知器が作動し、気付いたほかの入居者が消し止めた。出火当時、男は部屋におらず、7日午前0時20分ごろ、JR西船橋駅前の交番に出頭。「自分が火を付けた」と話した。

 同署によると、男は「仕事を辞めたくて火を付けた」と供述している。社員寮には社長を含む計82人が入居していた。けが人はなかった。(本紙、千葉日報オンラインでは実名報道)