ここから本文です

エステで猫に癒やされる?! セラピー中は膝の上でまったり

12/8(金) 16:00配信

sippo

 小田急線代々木上原駅(東京都渋谷区)北口から徒歩1分の、自然派エステサロン「小さなサロンS」の人気No.1セラピストは、なんとキジ白の看板猫あさり君(7歳オス)。その大きくてつぶらな瞳にノックアウトされるお客様が続出しているようです。

【写真特集】全身タイツ? 妙な柄の猫カッパちゃん

 耳つぼ&腸セラピー担当で、大の猫好きセラピストの久保佳子さんのお客様の中には、予約の際にあさり君をリクエストされる方も多いとか。「あさり君は本当におとなしくてお行儀もよく、耳つぼセラピー中はお客様の膝の上でまったりしていたり、腸セラピーの際はお客様の近くで寝そべったりしてくれるんですよ」とのこと。

 じつはあさり君はこちらのサロンのオーナー早川さや香さんの飼い猫で、アニマルセラピーの予約が入ると、あさり君が近所の自宅からご出勤。まったく人見知りせず、初対面の方ともすぐに仲良くなれるのはさすが看板猫です。

 子猫の時に早川さんに保護されたというあさり君。「中野で野良猫の母親が生んだあさりと出会ったんですが、兄弟姉妹たちの中で一番ひ弱そうに見えたので、このまま放置すると命に危険が及ぶと思って連れて帰りました」とのこと。

 今では半ドアを難なく開け、冷蔵庫も簡単に開けて納豆やチーズなどをつまみ食いするほど賢い家猫に成長したあさり君。その対策に、冷蔵庫のドアはしっかりテープで封印してあるそうです。あさり君には異食症(ウールサッキング)があり、タオルなどの布や紙が大好き。たまにプラスチックなども口に入れることもあるので、なるべくあさり君が口にしそうな物は置かないように注意しているといいます。

 よく女の子に間違えられるほどの甘くて優しい顔立ちと、人が大好きな甘えん坊の性格のあさり君に会えば、一目惚れすること間違いなしです。

(辰巳出版「猫びより」から)

sippo(朝日新聞社)

最終更新:12/8(金) 16:00
sippo