ここから本文です

10月有効求人倍率 1.29倍 (埼玉県)

12/8(金) 12:13配信

テレ玉

ことし10月の県内の有効求人倍率は、前の月より0.03ポイント上昇し1.29倍となりました。

埼玉労働局によりますと、10月の県内の有効求職者数は、季節調整値で、前の月と比べ、0.5%少ない81,459人でした。これに対する有効求人数は、1.8%増え、105,080人となり、過去最高となりました。これにより、仕事を求める人1人に対する求人数を示す有効求人倍率は、前の月より0.03ポイント上昇し、1.29倍となりました。有効求人倍率は上昇傾向が続いていて、1991年8月の1.30倍に次ぐ高い水準です。

また、10月の新規求人倍率は2.12倍でした。2倍を超えたのは1991年11月以来です。一方、正社員の有効求人倍率は、前の年の同じ月に比べ、0.15ポイント高い0.87倍と、52か月連続の上昇で、過去最高となっています。

テレ玉

最終更新:12/8(金) 12:13
テレ玉