ここから本文です

世界で初めて3点式シートベルトを採用したボルボ PV544がトヨタ博物館に寄贈される

12/8(金) 14:01配信

オートックワン

トヨタ博物館に新たなラインナップ

ボルボ・カー・ジャパンは、世界で初めて3点式シートベルトを標準装備した“ボルボ PV544(1959年式)”をトヨタ博物館に寄贈した。

>>世界初の3点式シートベルトとPV544のスペックはこちら

寄贈にあたり行われる「寄贈式」は2017年12月15日(金)13時から、トヨタ博物館本館1階エントランスにて行われる予定。

■寄贈式概要

日時:12月15日(金)13時~14時

場所:トヨタ博物館本館1階エントランス

主な登壇者:

 トヨタ博物館 布垣直昭 館長

 ボルボ・カーズ ペロオケ・フローバーグ ヘリテイジ ディレクター

 ボルボ・カー・ジャパン 木村隆之 代表取締役社長

ボルボ PV544とは?

ボルボ PV544とは、ボルボの安全技術を象徴するモデル。現代のクルマでは当たり前のように採用されている“3点式シートベルト”を、世界で初めて標準装備した車である。

この3点式シートベルトは、ボルボのエンジニア、ニルス・ボーリン氏により、1959年に発明された安全装備。

ボルボの功績は3点式シートベルトをただ開発しただけでなく、その技術に関する特許を無償で公開し、先進の安全装備技術を世界に広めたことにある。

ボルボによれば、1959年以来、100万人を超えるドライバーや同乗者の命を救ってきたそうだ。

最終更新:12/8(金) 14:01
オートックワン