ここから本文です

屋内ドローンで社員の残業監視!?「T-FREND」来年から事業開始 NTT東やブルーイノベーションなど

12/8(金) 15:22配信

sorae.jp

ドローンを利用した侵入者の監視はこれまでもありましたが、まさか社員を(いい意味で)監視するとは思いませんでした。大成とブルーイノベーション、NTT東日本は屋内ドローンを利用した社員健康管理サービス「T-FREND」の事業を2018年10月から開始すると発表しています。
 
このT-FRENDでは、ドローンが決められた時間に定期ルートを飛行。そして夜間警備だけでなく、残業者への退社催促も行うのです。また撮影した画像はクラウド上へと、安全に転送されます。飛行はGPSや操縦者に頼らない自律飛行システムが採用されるそうです。
 
今回のサービスではブルーイノベーションが機体を開発し、NTT東日本がネットワーク機能を提供。大成はサービス提供を担当します。
 
T-FRENDは2018年4月から試行サービスを開始し、2017年12月13日~15日の3日間は東京ビッグサイトで開催される「第2回スマートビルディングEXPO」でも自律飛行を披露する予定です。

最終更新:12/8(金) 15:22
sorae.jp