ここから本文です

FE第5戦開催予定だったサンパウロ、正式に延期が決定。代替戦はウルグアイで開催

2017/12/8(金) 16:32配信

motorsport.com 日本版

 今シーズンの第5戦を開催する予定だったサンパウロ。しかし会場の民営化手続きに時間がかかっており、ついに開催延期が決定した。 

【写真】開幕戦香港ePrixに出場した小林可夢偉。第2戦以降の参戦の可能性も?

 サンパウロ市当局は、レース会場となるアニェンビ・パークを民間バイヤーへ売却する手続きを行っていたが、予想以上にこの手続きに時間がかかっているため、レース開催をシーズン5(2018/19年)まで延期してほしいと要求していた。

 フォーミュラEはこれに迅速に対応し、代替案を決定。水曜日に開かれた世界モータースポーツ評議会で、ウルグアイのプンタ・デル・エステでレースを行うことを発表した。

 日程は本来サンパウロでレースを行う予定だった2018年3月17日と変わっておらず、これで今シーズンは当初の予定通り11会場で全14レースを行うことになる。

 フォーミュラEのCEOであるアレハンドロ・アガグはmotorsport.comに対し、ブラジルの政治状況を見て、しばらくの間代替案を考えていたと話した。

「私としては、サンパウロの状況はすでに少し不安定なものだった」

「ブラジルの政治は複雑で、今も動いている。市長は我々がレースをするはずだったあの会場を民営化したいと考えている。それゆえ私は、『今回の場合はバックアップを考えよう』と言ったのだ」

「特にテレビ放送の面では、チャンピオンシップとレース数を保つことはとても重要だ。そういうわけでプンタ・デル・エステでのレースを用意した」

 プンタ・デル・エステは過去にシーズン1(2014/15年)とシーズン2(2015/16年)でレースを開催しており、どちらも12月に第3戦をおこなっていた。なおどちらのレースでも、セバスチャン・ブエミ(ルノー・e.ダムス)が優勝している。

Scott Mitchell

最終更新:2017/12/8(金) 16:32
motorsport.com 日本版