ここから本文です

バナナマン日村勇紀、“黒ギャル好き”と性癖を告白

2017/12/8(金) 12:01配信

AbemaTIMES

 バナナマン日村勇紀がMCを務める番組『日村がゆく』で、日村が性癖を告白した。

 同番組の人気企画「このエピソード、バラエティで通用しますか?」は、芸能人でもなんでもない一般人のおもしろエピソードを紹介するコーナー。日村は、ここで紹介された素人のエピソードが“バラエティ番組で通用するか”を査定していく。

 今回このコーナーに、ペンネーム・キャナメ潤さんから、“黒ギャル”に関するユニークな投稿が。「風俗で大好きな黒ギャルを呼ぶことにしたが、何をしゃべったらいいのか悩み、結局お笑い好きだという共通点を見つけたあとに、バナナマンの話で盛り上がった」とのエピソードが届いた。

 しかしこの黒ギャルは、キャナメ潤さんが日村の話を振ってもすべて(相方)設楽統の話に変えて会話。日村にとっては残念ながら、“設楽好き”だったようなのだ。このエピソードを聞いた日村は「それは仕方がない……」と、落ち込む様子を見せずに、妙に納得していた。

 そんななか、「僕も実は黒ギャルが好き」と告白し始めた日村。「いまだに黒ギャルものの動画を探しちゃうもん(笑)」とニヤリ。「レゲエダンサーとか。褐色の肌が好きなんですよ」と続けた。

 すると、日村応援隊の人形“おりょう”から「日村さんは世界陸上をエロい目で見てるって聞きましたよ」と衝撃のツッコミ。それを聞いて驚いた日村は「それはいってない!俺は南米の人が好きなの」と、この情報を強く訂正した。

最終更新:2017/12/8(金) 12:01
AbemaTIMES