ここから本文です

ソフトBドラ1吉住、同世代の大物2人へ直球勝負 清宮、安田覚悟

12/8(金) 11:03配信

西日本スポーツ

 ドラフト1位の吉住は自慢の直球を武器に、プロで生き抜く覚悟を示した。現在も学校を中心にトレーニングを続ける最速151キロ右腕は「夏の山形大会後はウエートの量を増やしてトレーニングを継続してますが、スピードが2キロ上がった」とにんまり。食事も1日5食に増やすなど独自で肉体改造に取り組んでおり、契約合意時に掲げた最速160キロに向け、着実にステップアップしていることをうかがわせた。

【写真】まだ初々しい西武に入団発表時の工藤公康投手

 新入団会見では「最多勝」と記したサイン色紙を掲げ、同い年で、ともにパ・リーグに進んだ清宮(日本ハム)、安田(ロッテ)との対戦を熱望した。「面識はありません。2人ともテレビで見るだけの存在だったので。早く対戦してみたいですね。追い込んだら、直球で三振を取ることを目標に頑張ります」。山形県初の高卒でのドラ1プロ入り選手。世代を代表する投手を目指し、プロの世界に飛び込む。

西日本スポーツ

最終更新:12/8(金) 11:08
西日本スポーツ