ここから本文です

「助成金は別の開発事業に回した」

12/8(金) 17:06配信

ホウドウキョク

詐欺で逮捕された、スーパーコンピューター開発会社の社長が、「助成金は別の開発事業の資金に回した」と、供述していることがわかった。
「PEZY Computing」社長の斉藤元章容疑者(49)らは、「NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)」から、助成金およそ4億3,100万円をだまし取った疑いが持たれている。
関係者によると、斉藤容疑者は、「開発には多くの資金が必要。助成金は別の開発事業の資金に回した」と、容疑を認めているという。
東京地検特捜部は、資金繰りがうまくいかない中、別の事業費に充てるため、不正受給していたとみて調べている。

・映像でひもとく「「助成金は別の開発事業に回した」」

最終更新:12/8(金) 17:06
ホウドウキョク