ここから本文です

カズオ・イシグロ氏 記念講演

12/8(金) 17:10配信

ホウドウキョク

ノーベル文学賞に決まったカズオ・イシグロさんが7日、スウェーデン・アカデミーで記念講演を行い、日本とイギリスの文化の間で揺れ動いた生い立ちを振り返った。
イシグロさんは、およそ300人の聴衆を前に、5歳の時に移り住んだイギリスでの暮らしについて、「小学校でただ1人、イギリス人ではない子どもだった」などと振り返った。
ふるさと・長崎を舞台にしたデビュー作にも触れ、創作の原点は、記憶の中で薄れていく「自分の日本」を再構築するためだったと語った。
イシグロさんは「(ある夜)わたしは、日本について、第2次大戦末期の故郷・長崎について、懸命に書いている自分に気がついたのです」と話した。
また、作品の作り方について、2016年に文学賞を受賞したミュージシャンのボブ・ディランさんなど、音楽から多大な影響を受けていると話し、「ここで歌おうかと思いましたが、やめておきます」と、ジョークも披露した。
ノーベル賞の授賞式は、10日に行われる。

・動画だからわかる「カズオ・イシグロ氏 記念講演」

最終更新:12/8(金) 17:10
ホウドウキョク