ここから本文です

技術向上願い針供養 臼井学園富山デザイン・ビューティー専門学校

12/8(金) 15:27配信

北日本新聞

 臼井学園富山デザイン・ビューティー専門学校(高村正志校長)の針供養が8日、富山市西中野本町の臼井千穂子記念館で行われた。生徒は折れたり曲がったりした針やヘアピンをこんにゃくに刺し、技術の向上を願った。

 ファッションビジネス学科とビューティーアート学科の1、2年生約40人が、スーツや着物姿で参加。直径30センチ、高さ15センチのこんにゃくに次々と刺し、敷地内の針供養記念塚に埋めた。ビューティーアート学科2年の川原千奈さん(20)は「日頃の感謝を込めた。上達できるよう頑張りたい」と話した。

北日本新聞社

最終更新:12/8(金) 15:27
北日本新聞