ここから本文です

しめ縄作り楽しむ みなべ町の「ふれ愛喫茶」

12/8(金) 17:00配信

紀伊民報

 和歌山県みなべ町東本庄の町保健福祉センターで、地域住民の交流の場として町民ボランティアが運営する「ふれ愛喫茶」が7日、しめ縄作り教室を開いた。

 2013年度から開いており、しめ縄作りのベテラン、同町清川の平山栄市さん(86)と長男の幸男さん(57)が講師を務めた。

 喫茶利用者ら地域住民15人が参加。講師の手本を見て、束ねたわらを分けて足で押さえ、芯を入れながら編み込んだ。慣れない作業で、うまく編めずに途中で芯が飛び出してきたり、形がきれいにならなかったりしたが、談笑し楽しみながら作った。

 参加者からは「汗をかく」「いつも買っているしめ縄を作るのは大変なことが分かった」などの声が上がった。

最終更新:12/8(金) 17:00
紀伊民報