ここから本文です

地元作家 善意の逸品 香林坊大和で歳末美術展が開幕

12/8(金) 14:28配信

北國新聞社

 年末恒例のチャリティー展「第57回歳末美術展」(一般財団法人石川県美術文化協会、北國新聞社主催)は8日、金沢市の香林坊大和8階ホールで開幕した。重鎮から気鋭まで幅広い作家が寄せた善意の逸品312点が公開され、来場者が熱心に吟味した。

 同展は、日本画、洋画、彫刻、工芸、書、写真の6部門の作品を入札方式で販売し、収益金の一部を社会福祉事業に役立てる。

 工芸では、文化勲章受章者の大樋陶冶斎(とうやさい)さんがあめ色の釉薬(ゆうやく)を掛けた「大樋釉掛花入」など2点を出品し、日本芸術院会員の武腰敏昭さんは陶板「無鉛釉 朝まだき」を並べた。日本芸術院会員の村田省蔵さんの洋画「春の花」なども来場者の視線を集めた。

 来場者は気に入った作品の落札を目指して金額を記した札を投じた。会期末の13日まで入札を受け付ける。

北國新聞社

最終更新:12/8(金) 14:28
北國新聞社