ここから本文です

「水戸が特別なチームに…」快足FW前田大然がレンタル元の松本へ復帰、今季13得点

2017/12/8(金) 15:30配信

ゲキサカ

 水戸ホーリーホックは8日、松本山雅FCに期限付き移籍していたFW前田大然(20)の移籍期間が満了したと発表した。高卒2年目の今季は36試合で13得点を挙げ、ブレイクを果たした1年となった。

 山梨学院高出身の前田は2016年、松本へ加入。初年度はJ2リーグ戦9試合に出場した。水戸に期限付き移籍した17年は、快足を生かしてレギュラーを奪取。豪快な突破などで13得点を挙げ、スキンヘッドの容姿も相まって一躍有名になった。

 前田は水戸の公式サイトを通じて、「僕はこのチームに来て沢山の事を経験させてもらいました。本当に来てよかったと思っていますし、水戸ホーリーホックが特別なチームになりました」などとコメント。松本の公式サイトでは、「素晴らしいサポーター、そして松本山雅に関わる全ての皆様と一緒にJ1昇格に貢献したいと思いが強くなり戻ることを決意しました」などと、サポーターにメッセージを伝えている。

最終更新:2017/12/8(金) 15:31
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合