ここから本文です

診療報酬改定の財源確保に意欲、加藤厚労相

12/8(金) 12:39配信

医療介護CBニュース

 加藤勝信厚生労働相は8日、閣議後の記者会見で、2018年度の診療報酬改定に触れ、「必要な財源をしっかり確保していきたい」と述べた。また、診療報酬の「本体部分」や「薬価部分」について、医療経済実態調査や薬価調査の結果、物価・賃金、国民負担などを踏まえてきちんと議論する方針も示した。【松村秀士】

 18年度改定をめぐっては、薬価引き下げに伴う財源を診療報酬本体に回すかどうかが焦点になる。

 安倍晋三首相は14年6月17日、参院厚労委員会で、「政府の立場としては、これ(薬価引き下げに伴う財源)は全体の収入の中に入れさせていただき、適時適切に使用していきたい」と答弁。財務省では、薬価の引き下げ財源を診療報酬本体に回すべきではないというスタンスだ。

CBnews