ここから本文です

第157回直木賞受賞の佐藤氏が会見(全文2完)自分の文章のことよく分からない

2017/12/10(日) 13:41配信 有料

THE PAGE

佐藤氏にとって直木賞とはどんなものなのか
第157回直木賞受賞の佐藤氏が会見(全文2完)自分の文章のことよく分からない

第157回直木賞受賞の佐藤正午氏が会見(THE PAGE編集部)

(この記事は、2017年07月20日に月額有料サービスで配信した記事の再掲載です)
※一部、判別できない箇所がございますことをご了承ください。

朝日新聞:朝日新聞の〓ナカムラ 00:02:55〓と申します。受賞おめでとうございます。

佐藤:ありがとうございます。

朝日新聞:すいません、佐藤さんにとって、直木賞ってどういうものなのかって、もう少し言葉を加えていただけないでしょうか。

佐藤:いや、いろんな作家がいて、作家の人生って、いろんなコースがあると思うんですね。で、それで、早いうちに直木賞と出会う道を歩いていく人もいれば、僕みたいにこの年になってばったり出会ったみたいな、そういうことなんじゃないかと思ってるんですけども。ですから別に、直木賞をずっと意識して書いてたわけじゃなくて、僕なりの作家人生を歩いてたら、今回直木賞とばったり出会ったみたいな、そんな感じですけど。

※一部、判別できない箇所がございますことをご了承ください。 本文:3,451文字

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:2017/12/15(金) 17:34
THE PAGE