ここから本文です

「高く買わないでください」 人気酒「獺祭」の広告に驚きと称賛の声 社長「本当は広告出したくない」

2017/12/11(月) 16:36配信

ねとらぼ

 大人気の日本酒「獺祭(だっさい)」を“高く買わない”ように呼び掛ける広告を、蔵元の旭酒造(山口県岩国市)が読売新聞全国版の12月10日朝刊に掲載し、Twitterで大きな反響を呼んでいます。旭酒造が新聞に意見広告を出したのは、1948年の創業以来初めて。なぜ広告で訴えるに至ったのか、旭酒造の社長・桜井一宏さんに経緯を取材しました。

【獺祭、新聞広告の全体写真】

●「お願いです。高く買わないでください。」

 話題の新聞広告は、1面に「お願いです。高く買わないでください。」の文字と、「獺祭」の写真、純米大吟醸3種の希望小売価格を掲載したシンプルなもの。残りの紙面3分の2には、全国に630店余りある正規販売店を全てがびっしりと並んでいます。

 注目すべきは希望小売価格で、「純米大吟醸50」は720ミリで1539円、1.8リットルで3078円。「磨き三割九分」は720ミリ2418円、1.8リットル4835円。一般のスーパーや酒屋ではこの2~3倍の値段で売られていることも少なくなく、消費者に渡るまで多くの転売屋や卸業者が入っていることを物語っています。

 Twitterでは意見広告の写真が拡散され、「獺祭ってそんなに安かったの?」「知らなかった」と驚く人が続出。高騰ぶりをもとから知っている人も多かったようで、「人気が出てから本当に高くなった」「中間搾取はやめてほしい」と嘆く声や「よくぞ広告で言ってくれた」「適正価格で買えることを広めるのは大事」と旭酒造を称賛する声もあがっています。

●実は広告は出したくなかった

 広告を出した経緯について、「不当な価格で」「品質の悪い」商品を購入してほしくないからだと、桜井社長は説明します。

 「獺祭が高く売られるようになったのは4、5年くらい前からで、『カンブリア宮殿』といったテレビ番組で露出し始めたのがきっかけの1つでした。スーパーに行ったときに高額販売の現場を目の当たりにしますし、お客様から『獺祭って高いですよね』って聞かされることもあります」

 「これらは正規小売店から転売屋や卸業者が買い、割増してスーパーなどに売った商品になります。高いだけなく、出荷から消費者の手に渡るまで日がたつほど品質も落ちてしまいます。それでも一般の人は正規価格は分からないもので、適正な相場だと勘違いして品質が落ちた獺祭を高く購入されてしまいます。お客様にとってはなんの幸せにもなりません。その状況を知らせるために意見広告を出すことにしました」

 広告の情報を、「買わないでください」の1文と希望小売価格、正規販売店のみと、シンプルな内容にしたのはなぜだったのか。

 「もともといろんなことを伝えようとする広告でもなかったので、今件で一番の問題だと考えている値段について打ち出すことにしました。あと実は正直、広告は出したくないんです。出向先を1社だけにした理由もそうなんですが、本来は広告にかけるお金はできるだけ酒の品質向上に使いたいからです。そういう意味で今回は苦肉の策でした」

 「人気の上昇に伴い供給量をきちんと増やすことは務めてきましたが、正直追い付いていないのもあり、そこに転売屋の入り込むところがあるのだとは思います。また商品の転売は法律上は止められないことです。それでも品質の悪い商品を高く買うのは正しくなく、本来それを望まれるお客様はいないと思っているのです」

 正規販売店の情報は、旭酒造の公式サイトでも公開されています。「近くの正規販売店に足を運んでいただいて、できるだけまともな価格で品質のいい獺祭を買ってもらいたいです」(桜井社長)

最終更新:2017/12/11(月) 21:04
ねとらぼ