ここから本文です

「奇面組」メンバーの30年後、みんないい感じに老けてる…… 想像をイラスト化した二次創作がなぜか涙を誘う

2017/12/11(月) 18:47配信

ねとらぼ

 『3年奇面組』や『ハイスクール!奇面組』に登場した、「奇面組」メンバーの30年後を想像したイラストがTwitterで評判です。みんな幸せそうに、良い人生を送ってきたような老け方をしていて、なぜか泣ける。

【画像】30年後の奇面組メンバー

 『奇面組』ファンの弐佳(nika)さんによる二次創作。原作は2作目の『ハイスクール!奇面組』最終回と第1作『3年奇面組』第1話がつながったループのような構造となっており、ときおり「奇面組」の面々は「永遠の学生」ともとらえられます。そんな彼らがループを抜けて本当の未来を迎えたとき、その先にあってほしい光景を描いたそうです。

 リーダーの一堂零が「人と同じことができなくてもいいではないか、人と同じになろうなんて不自然極まることだ」と語る、学生時代のイラストも。そんな彼らが昔から変わらず生きている様に、「泣けた」という声が多数寄せられています。

 「全員家業を継いでいそう」といった反応もあったことから、弐佳さんは想像したメンバーの状況も投稿。一堂零はヒロインの河川唯と結婚し、品揃えがユニークなおもちゃ屋に。酒好きの冷越豪は、自分がうまいと思った酒を売る酒屋に。出瀬潔は庭園が自慢の銭湯、大間仁は安くてボリューム満点のレストランを経営しています。物星大は本屋の息子ですが、夢をかなえてファッションデザイナーとして活躍しているようです。

 彼らの高校卒業後の日本経済を考えると、家業を存続できるだろうか? そんなシビアな指摘もありますが、「自営ならではの何かに特化した方針で生き残っていそう」との意見も。そのほうが、個性をモットーとしてきた「奇面組」らしく思えます。

最終更新:2017/12/15(金) 12:54
ねとらぼ