ここから本文です

FC東京U-18はサブ組でシーズンスタートの選手たちが主役級の活躍。MF横山は快足とファインゴールを披露

2017/12/11(月) 10:08配信

ゲキサカ

[12.10高円宮杯プレミアリーグEAST第18節 FC東京U-18 3-2 青森山田高 東京ガス武蔵野苑多目的グランド(人工芝)]

 最終節での逆転優勝を果たしたFC東京U-18は、今季開幕戦から先発5人が入れ替わっていた。怪我の影響で大一番のピッチに立てなかった選手もいたが、1年間の厳しい戦いの中で成長を遂げた選手たちが躍動した。

 MF横山塁(3年)は抜群のスピードを武器に右サイドで躍動。「SBの吹野選手が、自分が守備しなくてもいいくらい守備をやってくれたから。安心して攻撃できたので感謝しています」と後方で構える右SB吹野竜司(3年)への感謝を忘れなかったが、足を攣らせて交代することも覚悟した上で前半から走り回り、貴重なゴールでチームの勝利に貢献した。

 後半12分、MF品田愛斗(3年)のパスを右サイドで受けた横山はカットインから左足シュート。GKの指先を抜けてゴール右隅に決まった一撃は、前日練習で得た良いイメージを持っていたからこそ、チャレンジして打つことができたものだった。

「昨日の練習でたまたま同じ感じで打って入ったので。いつもならば、縦突破してクロスだったけれど、昨日の練習で入っていたから打ってみようと思って打ったら、たまたま入りました」。前日、ハーフコートの11対11で決めていたシュートと同じという形。「めっちゃ気持ち良かったです。(これまで)あんまり貢献できなかったので、きょうこそ自分が点取って勝ちたかった」と笑顔だった。

 サブ組からスタートした今季のプレミアリーグ。主力選手たちがU-23チームに帯同して不在となる試合もある中、横山は「自分は縦への突破ですね。ドリブルでガンガン行く選手がいない。スピードを持った選手が自分くらいなんで、そこは相手より絶対に負けないというか、自信を持ってプレーしています」という武器をチームに加えて、失敗もしながら自身の存在を確立した。

 そして先発の座を掴んだ横山は逆転優勝のかかった最終節でも先発し、貴重なゴールを決めた。自身を成長させるステージとなったプレミアリーグについて、「1、2年生の頃は全然出れなくて、Aチームにもかかわれなかった。でも、3年生になって日本で最高峰のリーグでできている幸せがありますし、カズさん(佐藤一樹監督)が成長させてくれているというのがあります」とコメント。トップチーム昇格組や年代別代表組の活躍も光ったFC東京U-18だが、横山や右SB吹野、万能型の左SB荒川滉貴(3年)、MF杉山伶央(3年)、FW吉田和拓(3年)といった選手たちの成長、奮闘もタイトル奪取には欠かせなかった。

最終更新:2017/12/11(月) 10:08
ゲキサカ