ここから本文です

初代東株理事長就任も市場混乱で辞任 仏門入り、差別と闘う 大江卓(下)

2017/12/12(火) 12:01配信 有料

THE PAGE

初代東株理事長就任も市場混乱で辞任 仏門入り、差別と闘う 大江卓(下)

大江卓が理事長時代の東京株式取引所(岡本鷸園他編『兜街繁昌記』)より

(この記事は、2017年11月24日に月額有料サービスで配信した記事の再掲載です)
 東京株式取引所のトップに就任した大江卓は、政界経験者として大歓迎されます。持ち上げられすぎると人はハメを外すことがあります。残念ながら、大江もその一人となってしまいます。やがて北炭買い占め事件に加担し、責任を負う立場になります。

 晩年はマリア・ルーズ号事件のときに見せた正義感で、部落解放を献身的に務め、水平社運動の礎を築きます。絶頂期からの転落、晩年の活動について、市場経済研究所の鍋島高明さんが解説します。 本文:2,759文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込216
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:10/2(火) 16:28
THE PAGE