ここから本文です

ゆりやんレトリィバァ、なりきり界に新風吹き込み“女芸人No.1” 爆笑の号泣会見で見えた魅力

2017/12/12(火) 5:00配信

オリコン

 「めちゃくちゃドキドキしていて、放送中は全く実感が沸いてなくて、終わってからこみ上げてきました」。ドラえもん風の着ぐるみ姿のゆりやんレトリィバァ(27)は、感極まって号泣していた。史上初となる女芸人No.1を決める大会『女芸人No.1決定戦 THE W(ザ ダブリュー)』(日本テレビ系)で、エントリー総数636組の頂点に立ったゆりやん。本命視される中で、見事な圧勝劇で初代王者の栄冠を手に入れた。

【写真】“女芸人No.1”に輝き、号泣したゆりやん ネタ中写真も

 大阪NSCを主席で卒業し、2013年に鳴り物入りでデビュー。2015年、翌16年のピン芸人No.1を決める大会『R-1ぐらんぷり』では3位という好成績を収め、今年2月に行われた『第47回NHK上方漫才コンテスト』では優勝。1971年から開催され、関西の若手漫才師の登竜門として知られる同コンテストで女性ピン芸人が優勝するのは初めてという快挙を成し遂げた。

 代表ネタのひとつであるオスカー賞女優の英語っぽいスピーチのように、ゆりやんの武器は“なりきり力”。この日もなりきり力を存分に発揮して、1本目は、ミスハイスクールコンテストのネタで対戦相手のどんぐりパワーズに圧勝。優勝をかけた2本目は、体型のみならず声までドラえもんになりきって日常的な愚痴を打ち明けるネタで2位以下にダブルスコア以上の大差をつけて、見事初代女芸人王者の座をたぐり寄せた。

 優勝直後に行われた写真撮影では、ドラえもんの着ぐるみでいろんなポーズを取るサービス精神旺盛なゆりやんに会場から「カワイイ!」の声が。会見では「いつもお世話になっているスタッフさんとか、あとはマネージャーさんとか…いっつも、私のために時間を割いてやっていただいたおかげで…と思ったり、思わなかったりです。今、こみ上げてきました。うれしい」とキャラと素を行ったり来たりしながら、女王となった喜びをかみしめた。

 優勝賞金の1000万円と副賞である同局のレギュラー番組に合計視聴率100%出られる権利「日テレ100%券」(原則1番組1回、有効期限は1年間)を獲得。出演してみたい日テレの番組を聞かれると「テレビに出させてくださいって言って、本当に出させてもらえるなんて夢みたいなこと。全部に出たいんですけど、やっぱり憧れている『さんま御殿』とか『ガキ使』、あとは『NEWS ZERO』ですかね」と声を弾ませた。

 今月26日からは『R-1ぐらんぷり2018』の予選がスタートするが、『THE W』との2冠への意欲を聞かれると「『R-1』ももちろんエントリーして、2冠に向けてみかんをむけて…ありがとうございます」とにっこり。今後の展望を聞かれると、おもむろに床に何かを書くしぐさをすると「世界に行くのでは?」とコメント。ポカンとした空気を察したのか「今は大阪で、あした東京(で仕事)みたいな感じなんですけど、将来的にはきょう大阪であさってニューヨークシティで…みたいなことに憧れています」と丁寧に説明する姿は何とも愛くるしいものだった。

 「変幻自在のキャラ姉さん」のキャッチフレーズを持つ友近を筆頭に、なりきりキャラの先輩たちが数多く存在する中で、見事に新たな道を切り拓いたゆりやん。これから、どんな活躍を見せてくれるか大いに期待したい。

■『女芸人No.1決定戦 THE W』ファーストラウンド(※左が先攻、右が後攻 カッコ内は票数)
1.はなしょー(116) ニッチェ(285)
2.アジアン(300) 紺野ぶるま(101)
3.中村涼子(190) 牧野ステテコ(211)
4.まとばゆう(286) 押しだしましょう子(115)
5.どんぐりパワーズ(56) ゆりやんレトリィバァ(345)

最終投票数
1位:ゆりやんレトリィバァ(201)
2位:牧野ステテコ(89)
3位:アジアン(47)
4位:ニッチェ(33)
5位:まとばゆう(31)

最終更新:2017/12/12(火) 8:33
オリコン