ここから本文です

【映像】ニューヨークで爆発事件 防犯カメラに爆発直後の映像

2017/12/12(火) 10:51配信

AP通信

ニューヨーク、ニューヨーク州、12月11日 (AP)― ニューヨーク市マンハッタン中心部のバスターミナル地下で現地時間11日午前7時ごろ、イスラム系の男が手製爆弾を爆発させて負傷した。
 アカエド・ウラー容疑者(27)は朝のラッシュアワー時に、だれにも見咎められずに地下鉄に乗車し、長距離バスターミナルに続く地下通路で、身につけていた手製パイプ爆弾を爆発させた。
 結果的に、重傷を負ったのはバングラデシュ出身の元タクシードライバーだったウラー容疑者1人だったが、クリスマス直前のこの時季に、未遂に終わりはしたものの、ニューヨーク市が長年危惧していたテロ事件が起きた形になった。
 爆発直後、煙が充満した地下通路を避難する通勤客の姿が防犯カメラに写っているが、この爆発で付近にいた警察官ら3人が頭痛や耳鳴りを訴えるなど軽傷を負った。

(日本語翻訳 アフロ)

最終更新:2017/12/12(火) 10:51
AP通信