ここから本文です

トヨタ、クラウンより大きいフラッグシップセダン「新型アバロン」を世界初公開へ

2017/12/12(火) 11:12配信

オートックワン

北米トヨタは、米国・デトロイトで2018年1月に開催される2018年北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)で、新型アバロン(2019年モデル)を世界初公開すると発表した。

トヨタ 新型アバロンを画像でチェック

アバロンは、主に北米で販売されており、クラウンやカムリより大型な上級セダンだ。日本には逆輸入される形で、初代モデルと2代目モデル(日本名:プロナード)が販売されていた。

北米では3代目と現行モデルである4代目が販売されているが、3代目以降は右ハンドル車の設定がなくなったことで、日本では販売されていない。

今回公開された新型アバロンの画像は1枚のみだが、シャープな造形のLEDヘッドライトが採用されていることがわかる。

北米トヨタによると、新型アバロンは、2018年1月15日の午後1:05(EST)に公開される予定になっている。

最終更新:2017/12/13(水) 12:13
オートックワン