ここから本文です

恋愛上手は通勤バッグが軽い? 首都圏「通勤時の持ち物と恋愛の関係」調査

2017/12/13(水) 7:20配信

乗りものニュース

女性の約7割が「通勤時の荷物が少ない女性に憧れ」

 通勤総合研究所(通勤総研)が2017年12月8日(金)、「通勤時の荷物と恋愛」をテーマにした調査結果を発表しました。

この記事の画像をもっと見る(9枚)

 通勤総研は、11月20日(イイツーキン)にちなみ、通勤にまつわる様々な調査や研究結果を発信するリサーチ型メディアとして発足。11月に第1弾「通勤時間と決済」をテーマにした調査結果を発表しました。今回、第2弾として、男女間のコミュニケーションに詳しい心理学の専門家である晴香葉子さんと共同で、首都圏に通勤する女性を対象に調査を実施したといいます。

「通勤女子の荷物・財布実態」に関する調査結果は次のとおりです。

●通勤時の財布の実態
・財布の厚さ:35.1mm
・財布に入っている現金:1万5610.8円
・カードの枚数:20.1枚
・レシートの枚数:2.9枚
・財布の種類:長財布(59.0%)、二つ折り財布(14.6%)
・通勤中、財布を使用する回数:2.1回

●通勤時の荷物の実態
・荷物の重さ:2.2kg
・バックの中のアイテム数:11.1個
・財布、携帯電話以外の所持アイテム
 1位:タオル・ハンカチ(76.6%)
 2位:リップ・ハンドクリーム(72.2%)
 3位:ティッシュ類(67.7%)
・通勤時、バックから物を取り出す回数:8.9回
・弁当・水筒持参率:弁当36.9%、水筒35.2%

「自身の財布を厚いと感じるか」という質問では、通勤時に財布を持っている人の約7割が「厚いと感じる」と回答。また、「自身の荷物を重いと感じるか」という質問に対しては、通勤時に荷物を持っている人の8割以上が「重いと感じる」と回答しています。

「通勤時荷物が少ない女性に憧れますか」という質問では、通勤時に荷物を持っている人の約7割が「憧れる」と回答。その理由について「荷物が軽くスムーズだから」(77.9%)、「スマートなイメージがあるから」(52.9%)と感じているようです。

1/2ページ

最終更新:2017/12/13(水) 7:42
乗りものニュース