ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

対話を通じて健康を支えるAI搭載のパーソナルロボット「MABU」

2017/12/14(木) 15:00配信

bouncy

アメリカのCatalia Health社が開発した、健康管理をサポートしてくれるAI搭載の対話型パーソナルロボット「MABU」。コミュニケーションを通して好みや治療方法などを学習し、ユーザーの健康管理をサポートしてくれるロボットだ。

コミュニケーションを通してユーザーを理解するロボット

「MABU」は音声とタブレットに表示するテキストでコミュニケーションが可能で、やり取りを通じてユーザーのデータを取得・学習し、症状の進行状況・治療法や処方・ユーザーの好みなどに応じた最適な対応ができる。

人間関係の構築や維持に関する心理学に基づいた理論を取り入れており、愛らしい表情でユーザーの心を癒してくれる一面もある。

日本のヘルスケア市場へのサービス検討も開始

生活習慣病などを患う人々のため開発された「MABU」。外出中に服薬時間を通知したり、IoT機能付き血圧計と連携して健康状況をリアルタイムにモニタリングするなど、様々な活用が可能だ。専用HPではユーザーの症状に応じたパラメータをグラフ化し、日々の健康状態の移り変わりを蓄積して管理することもできる。

2017年12月5日には、日本のヘルスケア市場に向けたサービスの検討を開始したことが発表された。医療機関や製薬企業、調剤薬局、企業健康保険組合などに向けたサービスを検討していくという。

人に寄り添うロボットが、健康な生活を支えていく。

Catalia Health Inc.

Viibar.Inc

最終更新:2017/12/14(木) 15:00
bouncy