ここから本文です

1年に数千人が消える…「失踪」の国・日本 なにが起きているのか?

2017/12/14(木) 9:39配信

BuzzFeed Japan

2014年:1924人、2015年:1803人、2016年:985人----。この社会から消えていく失踪者の数を推測するデータである。まったく着目されてこなかった数字が「失踪」を読み解く鍵になる。気鋭の社会学者と分析する「失踪」の現実。周囲はなにができるのか、そして彼らはなぜ消えてしまったのか?【石戸諭 / BuzzFeed Japan】

「行方不明者は年間8万人以上…」と表現されることが多い。これは正確ではない。多くの場合、行方不明者はすぐに発見されているからだ。

年間の行方不明者届から、所在が確認できなった人の数を引く。つまり本当に行方がわからない「失踪者」の数が冒頭の数字だ。

より正確にいえば、「失踪者」の中には届出をしない人たちもいるので、失踪者の数を推測する一つの指標である。

少なくとも2000人近い人がある日、忽然と姿を消している。この社会のもう一つの現実を示す数字だ。

背景に何があるのか。1冊の本が注目されている。1985年生まれの気鋭の社会学者、中森弘樹さんによる『失踪の社会学』(慶應義塾大学出版会)だ。

研究テーマも見つからず、暇だった大学院時代。中森さんが偶然みていた昼ドラで、主人公にとって大切な幼馴染みが、突然、「失踪」する場面が描かれていた。

ある人が前触れもなく消える。主人公が抱えた喪失感の背景を考えてみると、非常に特殊な経験でありながら、それは私たちが経験する死別や離別とも通じるものがあるのではないか。

失踪を社会はどう受け止めてきたのか。時間をかけて研究するに値するテーマに思えた。

中森さんは失踪を「人が家族や集団から消え去り、長期的に連絡が取れずに所在も不明な状態が継続する現象」と定義する。

そして、失踪は現代において《注目されてこなかった社会問題》だと語る。

神奈川県座間市で起きた9遺体事件で「失踪」という言葉は注目された。

しかし、注目を裏返せば、10代、20代の若い男女が次々と遺体で発見されない限り、語られなかったということだ。

《失踪は1年間で数千人単位で起きていますが、それらが日常的に話題になることはありません。

家族のなかには(もちろんケースごとに違いますが)、引け目もあり公表してほしくない、そっとしておいてほしいという気持ちがあり、社会の側では日常的に起きているから話題にならないというのが、現代における失踪の語られ方です。

これまで、失踪や蒸発がどう語られてきたか。週刊誌の記事を対象に分析しました。

簡単にまとめると、1970年代の失踪は「憧れの対象」でもありました。まじめなサラリーマンの夫に見切りをつけ、閉じ込められた家を飛び出すという語られ方をしていたんですね。

失踪する「蒸発妻」をけしからんと批判しながらも、離婚も一般的でなかった。

夫婦関係に見切りをつけて出ていく女性というのは、縛りつけられる家族関係から解放されるという意味合いも同時にあったのです。

1980年代に入ると、離婚も増えていき、失踪に解放という意味合いをもたせるのは難しくなった。

蒸発という言葉も使われなくなり、それ以降は、失踪は残された人たちへの「無責任な行動」であるという言説が強くなっていきます。

家族というのが、選び直せない関係から、選び直すことができる関係に変化していくなかで、失踪の意味合いも変わってきたのです。》

どうにもならないしがらみ、人間関係から逃れるための「失踪」から、無責任な行動としての「失踪」へ。社会の受け止め方は変わっていく。

1/3ページ

最終更新:2017/12/14(木) 18:59
BuzzFeed Japan

あなたにおすすめの記事