ここから本文です

女子大生グラドル・忍野さら、2017年を総括「初めてのことがいっぱいで、今まで以上にお仕事が楽しい」

2017/12/16(土) 21:10配信

デビュー

 女子大生グラビアアイドルの忍野さらが16日、『忍野さら 2018年 カレンダー』の発売記念イベントを、新宿ブックファースト新宿店で開催した。

【写真】忍野さらの白いニットのワンピース姿

 忍野自身はじめてのカレンダー。「2018年を私と一緒に送ってもらえると思うと嬉しいです」と喜ぶ。トータルに「爽やかな感じ」に仕上がったというカレンダーのなかでも、お気に入りには5・6月のページで、その理由を「水着が小花柄でかわいいです。でも、6月が私の誕生月なので」と明かす。また「どこに貼ってもらいたい?」という定番の質問には「自分のお部屋に飾って欲しいです。リビングだとセクシー過ぎるので」といたずらっぽく笑った。

 2017年、さまざまなメディアに登場し、知名度が急上昇した忍野。「初の写真集を出させていただいたり、『ダウンタウンDX』や『サンジャポ』など、出たかった番組に出させていただいたり、20誌ぐらい雑誌の表紙を飾らせていただいたり。初めてのことがいっぱいで、今まで以上にお仕事が楽しいと思える1年でもありました」とその充実ぶりを振り返る。一方で「上手く行かないことも多くて、家で反省したり、怒られて泣いたこともありました」と明かし、「努力したことをもっと形にしていけるように頑張りたい」と来年の抱負を語った。

 来年の目標の一つを「食べることが大好きだし、友人やスタッフさんから『よく食べるね』って言われるので、グルメ番組に出ること!」と掲げる。特に「肉とラーメン」が好物だというが、最近はTwitterで「ラーメン食べたい」とつぶやくと、ファンからラーメンの写真が送られてくるようになったそう。そこで「1番美味しそうな写真には『食べたいで賞』、1番ユニークな写真には『気になったで賞』をあげてます」と、ファンとの交流を楽しむように。そして「ラーメンの写真募集中ですって書いてください。美味しいラーメンをファンのみんなと共有したいです」と呼びかけた。

 来年は大学も卒業する年。「大学に入ったときは公務員になりたいと思っていたんですが、今はこのお仕事一本で頑張りたい」という忍野。今後もその素晴らしいボディを、様々なメディアで観ることができそうだ。

最終更新:2017/12/16(土) 21:30
デビュー