ここから本文です

相馬市長選、17日告示 前回と同じ顔触れの見通し

2017/12/16(土) 9:34配信

福島民報

 任期満了に伴う福島県相馬市長選は17日、告示される。5選を目指す現職立谷秀清氏(66)=無所属=、元市議の新人荒川五郎氏(69)=無所属=が立候補を表明している。前回と同じ顔触れによる選挙戦となる見通し。
 立谷氏は東日本大震災、東京電力福島第一原発事故からの復興の仕上げや税外収入を財源にした小中学校の給食費無料化など子育て支援強化を訴える。
 荒川氏は市民目線の市政運営への転換を掲げる。幼児から高齢者までをサポートできる人材の確保やにぎわい創出、県と連携した企業誘致などを訴える。
 立候補の届け出は17日午前8時半から午後5時まで市役所で受け付ける。投票は24日午前7時から午後6時まで市内26カ所で行われ、同日午後8時からスポーツアリーナそうまで開票される。
 1日現在の有権者数は2万9876人(男1万4711人、女1万5165人)。
 市長選と同時選で市議補選(欠員1)も行われる。新人1人が立候補の準備を進めている。

福島民報社

最終更新:2017/12/16(土) 10:27
福島民報