ここから本文です

目からウロコ!ベイキングの裏ワザ9連発!

2017/12/16(土) 20:40配信

ELLE ONLINE

思い立ったらすぐに作れる、時短&節約テクニック

お菓子は食べるのも作るのも大好きだけど、料理と比べて時間や手間がかかるのが玉に傷。そこで、ベイキングの工程をぐっと楽にしてくれるアイデアの数々を紹介。これを実行すれば、時短はもちろん、使う道具が減らせてキッチンも汚さずに済み、作りたてのおいしいベイクと、時間&お金の節約が同時にかなっちゃう!

カップケーキの傑作デコレーション 20連発!

カラーアイシングはラップ使いで手を汚さず

カップケーキやクッキーをデコレーションするカラーアイシング。これを絞り袋の中に入れたり出したりするのって意外に面倒じゃない? そんなときにはラップ! ラップを、使う分量のアイシングを十分に包めるサイズに切ってテーブルまたは作業台の上に広げ、アイシングを真ん中あたりに太めの棒状に置く。端からラップをくるくる巻いて包んだら、両端をしっかりねじって留める。そして一方の端をハサミで切り落とし、口金を付けた絞り袋に入れれば準備はOK! デコレーションが終わったら、アイシングをラップごと取り出せば、絞り袋の中がベタベタせず、口金もスムーズに取り出せる。

ピーラーでかんたんチョコレート細工

お菓子作りの中でも特にハードルが高いチョコレート細工。ホームメイドのケーキやカップケーキを、カールしたチョコレートでプロのパティシエみたいに美しくデコレーションできたら素敵だと思わない? 小さなサイズの簡易版カールチョコなら、すごく簡単に作れる裏技があるんだって。板チョコを用意して、板チョコの側面の細い部分をピーラーでスーッと削るだけ。クルンとカールした、繊細なカールチョコがサクサク削れちゃうから、次にケーキを作るときにチャレンジしてみて。

DIYケーキキャリア

ケーキ台の上できれいにデコレーションしたケーキを、形を崩さずに移動させるのは意外に難しいもの。そんなときは竹串とラップが活躍! ケーキの表面の、外周より少し内側に竹串を4~5本刺し(デコレーションに支障がない場所を選んで!)、全体を覆うようにふんわりラップをかけるだけ。パーティー会場に着いたら竹串を抜き、その穴を隠すようにキャンドルを立てて!

1/2ページ

最終更新:2017/12/16(土) 20:40
ELLE ONLINE