ここから本文です

2022年冬季五輪パラのエンブレム、開催地の中国・北京でお披露目

2017/12/16(土) 15:34配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【12月16日 AFP】中国・北京で開催される2022年冬季五輪・パラリンピックの大会エンブレムが15日、香港出身の俳優ジャッキー・チェン(Jackie Chan)氏やピアニストのラン・ラン(郎朗、Lang Lang)氏ら豪華スターが勢ぞろいするなかで公開された。

 スポーツ界最大のイベントで国威発揚を目指している中国の首都で開かれたきらびやかな式典では、盛大なドラム音とカウントダウンで大会ロゴがお披露目された。五輪のエンブレムは書道の力強い筆跡で彩られ、スキーヤーの姿と「冬」の文字がモチーフとなっている。一方、パラリンピックのエンブレムも類似のデザインとなっており、こちらは「飛」をイメージした書体となっている。

 国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ(Thomas Bach)会長は、ビデオメッセージで、2008年に夏季五輪も開催している北京が「史上初」の夏冬開催を果たすことになると言及。開催地決定の投票で、北京はほかの都市が開催費の高騰を理由に次々と撤退するなかで、唯一のライバルだったカザフスタンのアルマトイに勝利した。

 人口約13億人を誇る中国はスキー人口が600万人にとどまっているものの、冬季スポーツでも強豪になることを目指している同国の習近平(Xi Jinping)国家主席は、今後は3億人まで増加することを期待している。

 中国は夏季五輪で成功を収めたとはいえ、これまで冬季スポーツでのメダルは限られており、その大半がスピードスケートで獲得したものとなっている。

 首都が高い経済力を誇り、一党独裁のなかで政治的判断を下している中国だが、屋外イベントに適したトップクラスの施設は限られているほか、アルペンスキー競技が行われる予定の北京北部では、年間の積雪量が約1メートルしかない。そのため、大会関係者は人口の降雪システムを導入することを明言している。(c)AFPBB News

最終更新:2017/12/16(土) 15:34
AFPBB News