ここから本文です

みるみるうちにお金が増える! 貯金がすすむお財布整理術

2017/12/17(日) 11:45配信

投信1

貯金が難しく感じる人、毎月のやりくりで精いっぱいだから貯金なんてできないと思っている人。一度お財布の使い方を見直してみませんか。何気なく使っているお財布、実はちょっと使い方を見直すだけでお金が貯まるようになるのです。

今回は貯金がすすむお財布整理術についてご紹介します。

週初めに予算分の現金をお財布に

お金が貯まるお財布の大前提として、「きちんと整理整頓されている」ということが言えます。これはつまり、整理整頓して財布の中にあるお金を把握しやすくしておきなさい、ということ。それと同時に使い過ぎを防ぐ効果もあります。

お財布に入っている現金をきちんと正確に把握することは、予算と実際の出費とのギャップを理解するのに非常に役立ちます。予算が頭の中に入っていても、自分の出費を正確に把握していないと予算管理が難しくなってしまいますよね。逆も同じで、現金がいくら入っているかを把握していても予算があいまいであれば、自分が使い過ぎなのかどうかの判断もつかなくなってしまいます。

お財布にお金を入れるときのルールを決めておきましょう。特にこだわりがない人は、「毎週月曜日のお昼休みに1週間分のお金をおろす」と決めてください。これなら時間外のATM手数料もかかりませんし、1週間のはじめで予算と出費の管理もしやすく、週末の土日に控える予定を見据えてお金をうまくやりくりするモチベーションになりますよね。

たとえばお財布にただ予算分の現金を突っ込むだけではなく、それと同時に先を見通してマネープランを立てておくといいでしょう。「土日に飲み会やデートが控えているから平日は無駄な出費をしないように」とか「週末の飲み会で5,000円は使うから平日はお金を使わないようにしよう」など、先を見通した節約感覚を身に着けることができます。

レシートは整理して保管、家で財布から出す

レシートをお財布に入れっぱなしにしている人、要注意です。お財布の中身を常にスッキリさせておくと、残りの金額が把握しやすいうえにお金が貯まりやすくなります。お金にとって居心地のいい環境を作ってできるだけお財布の中に長くいてもらえるように、お財布の中に不要なレシートを入れっぱなしにしないよう心掛けてください。

こういった心掛けを甘くみてはいけません。お金に意思があるというわけではありませんが、そもそもお金の居場所であるお財布を雑に扱ったり、お財布をゴミ溜めのようにしておいたりするということはお金に対する意識が薄いことを表しています。

財布の中身をキレイにしておく、常に整理整頓する、ということをしっかり心がけておくことは、お財布のこと、すなわちお金のことを意識するということにほかなりません。お金に愛着を持つこと、お金のことを毎日少しずつでいいので意識すること、そのためにお財布の中身をキレイに保とうという心掛けが生まれるところまでが重要なプロセスなのです。単にレシートを捨てればいいという問題ではありません。

そもそもお店でレシートをもらわないという人は問題外です。レシートをもらわないということは自分が何にいくらお金を使ったか、思い出す手がかりを捨ててしまうことになります。できればレシートはもらったらキレイに折りたたんでお財布に入れ、家に帰ったら決まった場所に保管して1週間が終わったときに見直すようにしましょう。

1/2ページ

最終更新:2017/12/17(日) 11:45
投信1