ここから本文です

【MLB】イチロー伝説「レーザー」VS殿堂候補野手「バズーカ」送球 「どっちが上?」

2017/12/17(日) 23:03配信

Full-Count

MLB公式サイトが2001年に誕生したスーパー補殺2つを紹介

 イチローがデビュー1年目にメジャーに衝撃を与えた「レーザービーム」送球が、あらためて脚光を浴びている。MLB公式サイトがツイッターで、同じ2001年にブラディミール・ゲレーロ外野手が見せた「バズーカ」送球と比較する動画を投稿。これに大きな反響が寄せられている。

【動画】イチロー伝説「レーザー」VSゲレーロ「バズーカ」送球…MLB公式ツイッターが驚愕送球を比較

 背番号51がメジャーにその強肩ぶりを知らしめたのは、2001年4月11日の敵地アスレチックス戦。4月2日にメジャーデビューを果たしたばかりだったイチローは、8回1死一塁でライト前ヒットを捕球し、三塁へノーバウンドでストライク送球した。

 ボールは低い軌道で三塁手デビッド・ベルのグラブにピタリと収まり、一塁から三塁を狙ったテレンス・ロングはアウト。三塁コーチを務めていたロン・ワシントン(元レンジャーズ監督、現ブレーブスコーチ)は呆然と立ちつくした。当時、実況は「レーザービームだ」と絶叫。このことで、外野からの好返球は「レーザービーム」と呼ばれるようになった。

 そして、それから3か月後に誕生したのが、ゲレーロの「バズーカ」送球だ。通算打率.318、449本塁打、1496打点を誇り、来年1月には有資格2年目を迎える米国野球殿堂入りも期待される名選手は、強肩としても有名だった。

 2001年7月7日、当時エクスポズに所属していた右翼手のゲレーロは、ブルージェイズ戦で右中間へのヒットをワンバウンドで取ると、ノーバンドで本塁まで送球。本塁までの距離を考えれば驚愕のプレーで、ピッチャーの吉井理人を助ける美技に。この送球は「キャノン」とも表現されるが、「バズーカ」砲のようなボールだった。

「イチロー。楽勝だよ」「ブラッドの方はアメージング」

 MLB公式サイトはツイッターで「どちらが優れているか:イチローそれともブラッド?」というコメントともに、同じ年に生まれた2つのプレーをつなげた動画を紹介。地元ファンからは多くの意見が寄せられている。

「イチローの方が優れているね」

「本当に接戦だね、どちらも素晴らしいけどイチローの方が鋭いよ」

「ニーハウス以外の実況でイチローの送球を見せるのは違法だよ」

「イチローのプレーで最高の部分は実況だよ」

「イチロー。楽勝だよ」

「どちらも最高だけど、ブラッドの方はアメージングだね」

「イチローはスターウォーズの一場面のようだね」

「ブラッド」

「ブラッドの方は本当に遠いな…彼が優れていた!!!」

「この2つのスローは自分のお気に入りだよ」

「より優れた野球選手? それとも肩? より優れた野球選手はイチロー。より優れた肩はブラッド」

「このスレッドにいる人の多くはブラッドのプレーを見たことがないだろうね。イチローは幸運にもブラッドより長くプレーしている」

「間違いない…楽勝でイチローだ!」

 どちらもメジャー史に残るスーパープレーだったことは確かだ。マーリンズからFAとなり、去就に注目が集まっているイチロー。来季もメジャーの舞台で「レーザービーム」を見られることを、多くのファンが期待している。

Full-Count編集部

最終更新:2017/12/17(日) 23:04
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/25(金) 14:30