ここから本文です

関東短大が募集停止 定員充足率63% 閉校前提、19年度以降

2017/12/18(月) 6:02配信

上毛新聞

 学校法人関東学園(群馬県館林市、松平順一理事長)は運営する関東短大(同所、渡辺敏正学長)について、閉校を前提に2019年度以降の学生募集を停止することを決めた。関東短大ホームページで公表した。

幼児教育特化 幼稚園教諭と保育士養成

 関東短大は1946年に開学した関東女子専門学校を母体として50年に創立、3万人以上の卒業生を輩出した。現在は幼児教育に特化したこども学科のみ設置し、幼稚園教諭と保育士を育成している。

 在学者数は5月1日時点で定員300人の63%に当たる189人。募集停止は人口減少など社会情勢の変化を検討した結果だとしている。

上毛新聞社

最終更新:2017/12/18(月) 8:22
上毛新聞