ここから本文です

ジミー・ペイジ、ツェッペリンのデビュー50周年に合わせ未発表音源のリリースを予告

2017/12/20(水) 14:10配信

rockinon.com

「Academy Of Achievement」のインタビューに答えたジミー・ペイジが、レッド・ツェッペリンの結成50週年を迎える2018年に合わせてバンドの未発表音源をリリースする可能性があることを明かした。

ジミー・ペイジはインタビューの中で「レッド・ツェッペリンの作品を発表する予定でいる。誰も聴いたことがないものだと断言できる。今準備しているところだからね。来年は50周年を迎える年だから、サプライズの予定が色々とあるよ」と語っている。


レッド・ツェッペリンは2014年から2016年に渡り、これまでリリースしてきたオリジナル・アルバムやライブ・アルバムにリマスター音源や未発表音源を追加収録したリイシュー盤のリリースを行ってきた。

なお、レッド・ツェッペリンは2007年にアトランティック・レコードの創業者、アーメット・アーティガンの追悼ライブで一夜限りで再結成を果たしている。それ以降も再結成の可能性は噂されてきたが、ロバート・プラントが「The Telegraph」紙のインタビューにて改めて再結成説を否定している。

rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

最終更新:2017/12/20(水) 14:10
rockinon.com