ここから本文です

【神戸】ポドルスキが独紙でJリーグ批判「どこに向かおうとしているのか分からない」

2017/12/24(日) 5:03配信

スポーツ報知

 神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが、23日付のドイツ紙ケルナー・シュタットアンツァイガーに掲載されたインタビュー記事で、日本のスタジアムやサポーターの応援などを高く評価した一方で「Jリーグがどこに向かおうとしているのか分からない。日本代表も低迷している」と感想を述べた。

 W杯3大会連続出場を誇る32歳のストライカーはJリーグの課題を「マーケティングがうまくいっていない」と紹介。浦和がアジア制覇を果たしても新聞での露出は低かったと指摘し、日独でのサッカーへの関心度の違いに驚きを示した。神戸には「外国人獲得よりも日本人選手を育成すべきと忠告した」という。「人々が温かく、清潔で安全」と、日本での生活は「本当に居心地がいい」と満足の様子。現在は左脚の治療のためにドイツに帰国中で、天皇杯準決勝は欠場した。

最終更新:2017/12/24(日) 7:40
スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報