ここから本文です

佐藤琢磨トークショーも開催! ブリヂストン、東京オートサロン出展概要発表

2017/12/26(火) 11:23配信

オートスポーツweb

 12月25日、ブリヂストンは年明けの1月12~14日に千葉県・幕張メッセで開催される『東京オートサロン2018』の出展概要を発表した。同社のブースではモータースポーツではお馴染みとなっている『ポテンザ(POTENZA)』を装着したレーシングカーの展示、豪華ゲストを招いたトークショーなどを実施する。

【写真】2015年から行われている琢磨のトークショーが2018年も開催決定

 スーパーGTやTOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race、アメリカのインディカー・シリーズなど、さまざまなカテゴリーでモータースポーツ活動を展開しているブリヂストン。今回のオートサロンではそんな同社のグローバル・プレミアム商品ブランド『ポテンザ』を中心にブースが出展される。

 西3ホールに展開されるブース内では、ブリヂストン・ポテンザのレーシングタイヤを装着したスーパーGT300クラスのマシンや、全日本ジムカーナ選手権のチャンピオンカー、フォーミュラ・ドリフト参戦車両などを展示。

 また、1986年に国内タイヤメーカーのタイヤとして、初めてポルシェやフェラーリに新車装着された『ポテンザRE71』など、同ブランドの歴史を紹介するコーナーやモータースポーツの現場を再現したエリアを設け、“最高の走りの歓び”を足もとから支える『ポテンザ』の世界観が演出されるという。

 このほか、ブリヂストンは毎年多くの来場者を集めるスペシャルトークショーを今回も実施。

 2017年、第101回インディ500で日本人初優勝を飾った佐藤琢磨をはじめ、AUTOBACS RACING TEAM AGURI(ARTA)を率いる鈴木亜久里監督や、スーパーGT、86/BRZ Race、ジムカーナに参戦するドライバーなどを招き、ゲストともにモータースポーツの楽しみ方やレースにおけるタイヤの重要性などを紹介していく。

 なお、現在のところトークショーの開始時刻などは発表されていないためブリヂストン・ポテンザのSNS、Twitter(@POTENZA_SUPERGT)、Facebook(https://www.facebook.com/potenzajp/)などで最新情報をチェックしよう。

[オートスポーツweb ]