ここから本文です

福野で「歳の大市」 正月用品や食品並ぶ

2017/12/27(水) 16:27配信

北日本新聞

 南砺市福野地域の年末の風物詩「歳(とし)の大市(おおいち)」が27日、同市福野地域中心部で行われた。雪に見舞われ、例年よりも来場者は少なかった。

 同市福野(上町)の通称「銀行四ツ角」周辺に約100の商店や模擬店が並び、臼やきねなどの正月用品、鮮魚、山菜、野菜などが並んだ。雪が舞い、時折風も吹き込む中、市内外から訪れた人たちは振る舞われたぜんざいで体を温めていた。

 福野地域では江戸初期の慶安3(1650)年の開町から「2」と「7」の付く日に朝市が開かれており、この大市で一年を締めくくる。

北日本新聞社

最終更新:1/10(水) 13:19
北日本新聞