ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

バルサがA・マドリーのグリーズマン獲得最有力か、マンUが争奪戦から撤退

2017/12/29(金) 18:01配信

SPORT.es

アントワーヌ・グリーズマンの去就は新たなチャプターに入っている。アトレティコ・マドリードのストライカーであるグリーズマンはFCバルセロナが最も獲得したいと考えている選手の1人である。しかし、同選手にはマンチェスター・ユナイテッドも獲得に興味を示していると『マルカ』が報道していた。

コウチーニョ、バルサ移籍の時が来た 移籍交渉は最終段階

ジョゼ・モウリーニョ率いるユナイテッドは、バルサ同様にグリーズマン獲得に強い意思を見せており、昨夏にも動きを見せていた。しかしながら、ユナイテッドはその優先順位を変え、こちらも『マルカ』の報道によれば、グリーズマン獲得の意思はなくなったようである。実際、同選手獲得は監督の要求というよりはクラブが求めるオペレーションであった。

そして、ユナイテッドがいなくなった今、バルサが唯一グリーズマン獲得に興味を持つチームであり、バルサにとってはA・マドリーと交渉しやすくなる。これを受けて、ついに来夏のグリーズマン獲得を決心することになるだろう。

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:2017/12/29(金) 18:01
SPORT.es