ここから本文です

G'zOne初のWINモデル タフネスケータイ「G'zOne W42CA」(懐かしのケータイ)

2017/12/30(土) 10:05配信

ITmedia Mobile

 思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、au(KDDI・沖縄セルラー電話)のカシオ計算機製ケータイ「G'zOne W42CA」です。

【特徴のある背面】

 G'zOneは、2000年に発売された「C303CA」から始まった、防水・耐衝撃ケータイのブランドです(後にスマートフォンにも拡大)。携帯電話事業の再編により、カシオ計算機製au端末の製造元はカシオ日立モバイルコミュニケーションズ、NECカシオモバイルコミュニケーションズ(現・NEC)と移り変わることになりますが、2012年発売のAndroidスマートフォン「G'zOne TYPE-L CAL21」に至るまで続く人気シリーズとなりました。

 W42CAは「G'zOneシリーズ」の6代目となる折り畳み型ケータイで、シリーズ初の「CDMA 1X WIN」対応端末です。microSDメモリーカード(外部ストレージ)もシリーズ初対応。「ICレコーダー」機能では最長3時間の録音に対応しました。

 「PCサイトビューアー」が標準搭載されているほか、auの音楽配信サービス「LISMO」やプッシュ・ツー・トーク機能の「Hello Messenger」「EZナビウォーク 声de入力」「GLOBAL EXPART」など、WIN端末として各種auサービスに対応した高機能モデルでもありました。

(機材協力:携帯市場)

「G'zOne W42CA」の主な仕様

・発売日:2006年6月29日
・キャリア:au
・メーカー:カシオ計算機
・サイズ:約53(幅)×117(高さ)×29(奥行き)mm
・重量:約155g
・メインディスプレイ:2.4型(240×320ピクセル)TFT液晶 6万5000色
・サブディスプレイ:1型(100×100ピクセル)モノクロ液晶
・アウトカメラ:有効約207万画素CMOS
・ボディーカラー:ボルケーノオレンジ、グレイシャーホワイト、マナウスグリーン

最終更新:2017/12/30(土) 10:05
ITmedia Mobile