ここから本文です

「NO MORE 映画泥棒」10年以下の懲役か1千万円以下の罰金、またはその両方が科せられるのは本当か?

2017/12/30(土) 12:20配信

ファイナンシャルフィールド

最近映画館で映画を観ましたか?映画館で見る映画本編の直前には必ず「NO MORE 映画泥棒」の啓発CMが流れます。

上映中の映画撮影が見つかったら「10年以下の懲役」か「1千万円以下の罰金」またはその両方が科せられるとのことですが、これは本当なのでしょうか?

苦戦する映画業界に追い打ちをかける映画盗撮

総務省統計局の統計によると、平成12年の映画公開本数は644本。平成27年は1136本と、1.7倍近く増えています。

映画館数(スクリーン数)は平成12年から27年にかけて1000ほど増えています。

年々増加する映画の公開本数に比べて、入場者数はほぼ横ばいです。これは映画一本あたりの入場者数が減っているということ。

苦戦する映画業界に追い打ちをかけているのが、映画の盗撮と盗撮された映画の違法な配信や販売です。

映画館のチケットはそれなりに高いのに比べて、盗撮された映画は無料や格安で見られることから、映画館の入場者数にも影響が出ているのではないでしょうか。

違法動画はダウンロードした人も罪に問われる

映画館で上映されている映画を無断で録画したり録音したりする行為は著作権侵害(著作権法違反)となり、「10年以下の懲役」か「1千万円以下の罰金」またはその両方が科せられることになります。

盗撮した映像や音声をネット上で公開したり、販売したりすると、さらに罪が重くなります。

しかも、盗撮された映像や音声であることを知っていてダウンロードすることも犯罪です。パソコンやスマートフォンにデータを落とすと、ダウンロードしたということになるので気を付けましょう。

ちなみに、映画に限らず、アーティストやミュージシャンのコンサートでも、コンサートの様子を無断で録画したり録音したりすると原則として著作権侵害になります。

漫画の「自炊」で出版業界も悲鳴

最近では漫画の電子書籍化が浸透しています。

漫画本における「自炊」という言葉を知っていますでしょうか?自炊とは自分の持っている本や漫画本を裁断して、1ページずつスキャンし、データ化して電子書籍にすることです。

これは個人的に楽しむだけならギリギリセーフですが、販売したらアウトです。

自炊した漫画を無料でネット上にあげ、出版社から対抗措置を検討されているサイトもあります。

1/2ページ