ここから本文です

【どついたるねん ライヴレポート】『どついたるねん シングル発売記念 渋谷クアトロ無料ライヴ ~ガチ☆BOY~』2017年12月20日 at 渋谷CLUB QUATTRO

2017/12/30(土) 14:32配信

OKMusic

 いつも思う。どついたるねんのライヴのラストに訪れるあの“終わり良ければ全て良し観”は何だろう?と。いろいろあったが最後は後光が射すようなハッピーエンドへと辿り着く。そこでは不思議な生命力やバイタリティーが沸き、 “明日も頑張ろう!”って気にさせてくれる。そして、この日も本編最後では、そんな気持ちを私に漲らせてくれた。

どついたるねん、渋谷CLUB QUATTRO公演のその他の画像

 どついたるねんがフリーライヴを渋谷クラブクアトロで行なった。メジャーデビューシングル「BOY」の発売日でもあった、この日は同シングル全曲を含め20曲の大判ふるまい。現6人での初お目見えにして、サウンド的にもだいぶタイトになった反面、メンバーが減った部分もきちんと補完し合う。そんな柔軟な形態も印象的であった。ドラムの浜公氣のグラップなビートから最新曲「BOY」にてライヴは口火を切る。作品以上にどっしりしてグルービー。躍動感も増した同曲。途中からは一変し疾走感が加わると、不思議な生命力が場内に満ちていく。他にも前半は上述のデビューシングルからの楽曲が多く放たれた。ダウンピッキングの疾走感が会場に勢いを寄与した「街」では作品以上のタイトさが味わえ、疾走8ビートJ-ROCK風な「おならぷーぷーセッション」ではZEN-LA-ROCKも作品同様にヴォーカルで飛び入り。ドスの効いたラップを切り込ませる。

 中盤は人気曲が会場を走らせた。疾走8ビートがさらに会場の火に油を注いだ「精神」、山ちゃんがリードヴォーカルを取るスケーターチューンの「UNCHAIN」が会場を青空の下、開放的に誘った。また、ゲストのミツメの川辺素とともにデビューシングル収録の「煙突(モクモクremix)」の実演も実現。ミツメパートは川辺が歌い、うーちゃんや先輩のパートが絡む。ラストのバンドバージョンへの一変は会場を急騰させた。

 また、この日は彼らのプレイヤビリティーの意識変化も垣間見れた。ミディアムな曲を前に、聴かせることを前提にしっかりとした演奏をしたいとの想いから、きちんとチューニングをするメンバーに対し、この勢いやエネルギーを途絶えてられないワトソンの気概が伝わってくる場面もあり。これらは、これまで以上に、“しっかりとしたものを見せたい!”、そんな現われのようにも映った。中でもミディアムなナンバーでは目を見張るものがあった。ファンタジーに幻想的にロマンチックさを広げた「変身」、センチメンタルにさせる切ない「遠浅の部屋」などは不覚にも感動すら覚えた。そして、大団円ナンバー「生きていれば」では、♪生きていればいいことある♪のリフレインが、これからも一緒に行こう的に響き、会場をひとつにしていった。

 アンコールは1曲。その前に“重大発表”と称され、先輩から3月28日にメジャーデビューアルバムが発売されること、4月8日にマイナビBLITZ赤坂にてワンマンライヴが行なわれることが告げられる。そして、アンコールでは会場を交えての呼応から「ゴリラ美大へ行く」に。フロアーを再び一丸にし、彼らはステージ降りた。この日も最後には彼らのライヴ独特の“何もやり遂げていないのに、何かあふれる達成感”で満たしてくれた、どついたるねん。そのバイタリティーと闇雲な自信を保っていれば、このメジャーでだって彼ら独特のスタンスを築くことができ、それを信じる者たちが大勢集まってくる。そんなことを改めて確信した一夜でもあった。そう、どついたるねんは、これからも光の射す方へ走っていく!!

取材:池田スカオ和宏

セットリスト

1.BOY
2.人生の選択
3.街
4.おならぷーぷーセッションfeat. ZEN-LA-ROCK
5.精神
6.UNCHAIN
7.口臭マシンガントーク
8.うーちゃーはん2
9.such a sweet lady
10.煙突(モクモクremix) Guest 川辺素(ミツメ)
11.I▽リーダー
※▽は白抜きハート
12.ポコロンチャ
13.080
14.BODY GUARD
15.緊張の糸
16.返信
17.遠浅の部屋
18.生きてれば
19.俺節 / アッパー
<ENCORE>
ゴリラ美大へ行く

OKMusic編集部

最終更新:2017/12/30(土) 14:33
OKMusic