ここから本文です

【MY FIRST STORY ライヴレポート】『MY FIRST STORY "MMA" TOUR 2017 FINAL ONE MAN SHOW "THE PREMIUM SYMPHONY"』2017年12月23日 at 幕張メッセ国際展示場9~11ホール

2017/12/31(日) 17:02配信

OKMusic

 9月からスタートし、錚々たるゲストを招いて行なった2マン全国ツアー『“MMA” TOUR 2017』。ファイナル公演『MY FIRST STORY "MMA" TOUR 2017 FINAL ONE MAN SHOW "THE PREMIUM SYMPHONY"』のチケットはソールドアウトとなり、千葉・幕張メッセ国際展示場9~11ホールに約18,000人の観客が集まった。あふれ出る音楽への情熱、新しいことに挑戦し続ける雄々しい姿が示されたライヴの模様をレポートする。

MY FIRST STORY、幕張メッセ国際展示場9~11ホール公演のその他の写真

 開演を告げる映像が流れ、ステージを覆っていた紗幕が落下した瞬間、Hiro(Vo)、Teru(Gu)、Nob(Ba)、Kid'z(Dr)の姿がライトを浴びて浮かび上がったのだが――彼らの後方を見てびっくり! そこに並んでいたのはフルオーケストラ。「The Anthem」がドラマチックに響き渡り、観客は激しくハンドクラップをしながら特別なライヴの幕開けを全力で噛み締めていた。

 “すごいでしょ? 見たことないでしょ? オーケストラを連れてるバンドって”。序盤のMCで心底嬉しそうだったHiro。その後も約1年をかけて準備したのだというオーケストラアレンジを施した曲が次々披露された。そんな中、中盤で印象的な場面を作り上げたのは、Hiroのピアノ弾き語りで届けられた「See You Again」(ウィズ・カリファのカバー)。歌い終えた瞬間、大きな拍手が彼を包んだ。

 “俺の夢はでかすぎて簡単には叶わない。だからお前らの力を貸してくれ!”とHiroが叫んで雪崩れ込み、全力のシンガロングを誘った「戯言NEUROSE」。盛り上がる観客の声が、オーケストラに負けないくらいの美しさを放っていた「モノクロエフェクター」…終盤も最高の演奏が続いた。本編は「不可逆リプレイス」で締め括られ、アンコールでは「「花-0174-」」、彼らにとって初のクリスマスソング「Merry Christmas」が届けられ、ラストは2度目の披露となった「REVIVER」。2018年も彼らが大活躍することを確信させられる濃密なライヴであった。

撮影:Takashi "TAKA” Konuma、MASANORI FUJIKAWA/取材:田中 大

セットリスト

SE.The Anthem
1.終焉レクイエム
2.ALONE
3.Black Rail
4.悪戯フィクション
5.Missing You
6.REVIVER
7.この世界で一番の幸せ者にはする事など出来ないかもしれないけど...
8.失踪FLAME
9.See you again
10.Love Letter
11.monologue
12.虚言NEUROSE
13.LET IT DIE
14."BOOM"
15.Zero Gravity
16.The Puzzle
17.CHiLD -error-
18.Tomorrowland
19.モノクロエフェクター
20.不可逆リプレイス
<ENCORE>
1.「花」 -0714-
2.Merry Christmas
3.REVIVER

OKMusic編集部

最終更新:1/13(土) 19:46
OKMusic