ここから本文です

さんま出演正月特番が名古屋で高視聴率

1/4(木) 14:43配信

東スポWeb

 東海テレビで1日に放送された「お正月だよ!ぐっさん家!名古屋にさんまさんがやって来ちゃったよSP」(午後12時~13時45分)の平均視聴率が11・6%だったことが4日、わかった。明石家さんま(62)が約25年ぶりに同局の番組にゲスト出演するとあって話題性も十分。注目されていただけに、昼間の時間帯としては、かなりの高視聴率を記録した。

 同番組は、お笑いタレントの山口智充(48)が東海3県のさまざまなスポットを回って、その魅力を紹介するというバラエティー番組「ぐっさん家~THE GOODSUN HOUSE」(毎週土曜日18時30分~19時)のお正月特番。さんまと山口が名古屋市内の大須商店街などを散策し、たまたま出会った女性2人組が名古屋のアイドルグループ・SKE48の高木由麻奈(24)と水野愛理(15)だったというハプニングや、さんまが19歳のころに出演していた大須演芸場で、プロ野球選手の形態模写ネタが誕生したエピソードなどが放送された。

 東海テレビは「非常に高い視聴率を記録しました。お正月のお昼というお出かけしている時間帯に多くの人に見ていただけたのは大変ありがたいことです」と新年早々の高視聴率ゲットにニンマリ。お笑い界の大御所であるさんまが東京と関西地区以外のローカル番組に出演することは異例のことだけに、名古屋人の関心も高かったようだ。

※数字はビデオリサーチ調べ、名古屋地区

最終更新:1/4(木) 14:43
東スポWeb